医療分野における国内メーカーと海外メーカーの競争激化

医療 海外

医療 海外について

医療分野における国内メーカーと海外メーカーの競争激化

経済のグローバル化の波は、医療分野においても熾烈な競争をもたらしています。
特に、株式を上場している大手の薬品会社をみても、ここ10年ほどで合併による再編が進んでいます。
これは、海外市場における競争力の確保が主要な目的です。
以前は、長年にわたり、国内市場は、無風状態と言っても過言ではありませんでした。
これは、我が国では、国民皆保険の前提による健康保険により、病院やクリニックで処方される薬の費用の7割以上がまかなわれることや、そもそも薬の値段が国により定められていることが背景にありました。
しかし、財政悪化により、薬の値段に対する引き下げ圧力がかかるなか、海外の巨大メーカーによる国内市場の侵食も続いています。
逆に、海外へと打って出る大手薬品会社も相次いでいますが、研究開発費や研究人員の差が競争力に反映されるため、シェアの拡大は容易ではありません。
今や、薬品会社は内憂外患の厳しい状況になりつつあります。

衛生面への配慮も徹底

https://eipro.jp/

http://www.shibatadental.com/

お試しキャンペーンがある整骨院

最新の歯科矯正技術

医療 海外関連情報

海外から日本への医療観光

日本の医療は世界的に高い水準にあります。
これは、日本人医師の技術レベルが高いだけでなく、国民

いかに恵まれているか気づくことができる海外の医療事情

日本の医療がだめであるといっている人は海外の事情を知らないかもしれません。
もちろん日本は日本

上手くミックスすることが必要です

海外と日本の医療は、それぞれが歩んできた歴史が、大きく異なります。
日本の場合には、中国などの

最新の医療 海外